スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

アスペルガーに指示する時ははっきりと言葉を伝えて

自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群の人は、普通なら想像できるような事を想像する事が非常に苦手です。

「あれ」や「これ」と言う漠然とした言葉が理解出来ず、何をして良いかが分からなくなる事もしばしばあります。話の前後を考えにくいからなのでしょう。

アスペルガー症候群を検査した時、検査の中にストーリーを組み立てるという項目がありました。この検査は発達障害を調べる検査ではないのですが、一般的に使われるWISC-Ⅲと言われるもの。

大人になりテストらしいテストをする機会がなく、久々に受けたテストがこれでした。普段は使わない脳を使うからか、頭がおかしくなったんじゃないかと思う程疲れるテストです(笑)
007

その中で特に難しいと感じたのがこのストーリーを組み立てるという検査。はっきり言って、ここまで答えられなかったテストは今までにないと言えるほど殆どが意味不明で、思わず

「普通は組み立てられるのですか?」

を質問してしまったほどです。

どうなんでしょう、アスペルガー症候群の人でこの検査が高得点をはじき出す人はいるのでしょうか?と思えるほど、アスペルガーの不得手な部分を目の当たりにする検査です。

と言うように、当たり前の事が当たり前だとは考えられないのです。

「あれお願いするね」

と言われても、その「あれ」が分からない。分からないなりに「あれ」をするので当然結果は検討違い。そして怒られる・・・
こんな事を繰り返していれば当然自分は出来ない人間だと思ってしまってもおかしくありませんが、理解していないのではなく抽象的な言葉の前後を理解する脳に問題があるのですから出来なくて当然。
自己嫌悪に陥る必要はないのです。

あれ?この人もしかするとアスペルガーかも?と思ったなら「あれ」や「これ」で話を進めるのではなく主語などを入れた言葉で伝えてみてください。

「あれどこですか?」
ではなく
「この前作成した書類はどこにありますか?」

と話してもらえれば理解出来ます。

アスペルガー症候群ではない人にとって当たり前に出来る事なので面倒だと思います。しかしそう言う伝え方一つで全てがスムーズに進むならやってみる価値はあるはず。

考えてみると私の会話にはあまり「あれ」や「これ」がありません。自分が理解出来ない事に気付いてそうなったかは分かりませんが、どちらかと言えば相手がウットオシイと思う程細かな説明をする傾向にあります。
きっと分からなかったら困るだろうという気持ちからだと思うのですが・・・

それも相手からすれば結構面倒臭いかもしれませんね(汗)

関連記事

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

発達障害無料講座

おすすめの無料講座
発達障害無料講座
7日で発達障害が勉強できます!

最新記事

スポンサードリンク

カテゴリ

アスペルガーランキング

プロフィール

のり

Author:のり
大人になってからアスペルガー症候群だと知りました。子供の頃からコミュニケーションが苦手だったのですが、それでも学校や仕事を自分なりに頑張ってきたつもりです。そんな自閉症スペクトラムを知って頂ければ幸いです。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。