FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

アスペルガーが仕事をするとフリーズする事がある

アスペルガー症候群は自分が想像していた事意外の出来事が突然起こるとフリーズしてしまう事があります。

018


日常生活でもそうなのですが仕事をしていればなお更。

一時停止しているアスペルガーを見た事があるなら、それは想定外の出来事に戸惑っているからなのです。

定型発達の人でも一日の流れを考えていると思うのですが、それは自閉症スペクトラムでも同じ。

では何が違うのか?となると、考えていた事とは異なった出来事があると柔軟に受け入れる事が出来ないでいるのです。

自分が考えていた事ではない出来事を受け入れがたい発達障害の人に、突然異なった問題が生じてしまうとフリーズ。

そこから時間をかけて新たな方向を作り出さなければ動けなくなってしまうのです。

だから時々

ドン臭い
仕事が出来ない

なんて言われてしまうんですよね(汗)

しかし新たに道が出来上がると今までと同じように行動する事が出来るので、自分で答えが見つかるまではそっとしておいて欲しいのが本音。

普通の人は臨機応変に対処できるのですが、それが出来ないのが発達障害なのでしょう。

要領も悪くトロトロしているように見えても、他の分野では結構な才能がかいま見られるなら良いのですが、普段の仕事ではなかなか難しいとろこ。

決して努力していない訳ではないのですが、周囲から何となくバカにされたような気になってしまうんですよね。

モチベーションを常に上げて仕事に取り組む事は難しい事ですが、もう少しだけ柔軟性があればマシになるんですけどね~

アスペルガーでフリーズする事が多いなら、臨機応変さがちょっとでも身に付く努力も必要なのかもしれません。
関連記事

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

発達障害無料講座

おすすめの無料講座
発達障害無料講座
7日で発達障害が勉強できます!

最新記事

スポンサードリンク

カテゴリ

アスペルガーランキング

プロフィール

のり

Author:のり
大人になってからアスペルガー症候群だと知りました。子供の頃からコミュニケーションが苦手だったのですが、それでも学校や仕事を自分なりに頑張ってきたつもりです。そんな自閉症スペクトラムを知って頂ければ幸いです。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。