スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

アスペルガー症候群はあり得ない事でも真に受けてしまう

アスペルガー症候群相手の言葉を真に受けてしまうのですが、それは普通だと嘘だと見抜けるような事でも信じてしまう傾向にあります。

だからアスペルガーを騙すのは簡単なんですよね(汗)

笑わせようと思って言った冗談を信じる、ノリで言っただけなのに怒る・・・、

言葉通りに全てを受け取ってしまうので面白みがないと言われてしまうのです。

014


自閉症スペクトラムの人にとって苦手な事の一つに「背景を読む」という事があるのですが、相手の思いや考えを上手く読み取る事が出来ません。

読み取れないと言うよりもそんな物があるの?と言った感じでしょうか。

なので自閉症スペクトラムの人の会話はいつも長くなるのです。

相手が理解しやすいように状況を一つ一つ説明し、その時の感情や行動など、少しでも分かりやすいように伝えようとしてしまう。

これは自分が分からないからなのですが、定型発達の人はそんなに説明されなくても分かるんですよね(汗)それが出来るって凄いなと思います!!

とても真面目であまり嘘のないasdを持つ人達。

自分の言葉に嘘がないのが当たり前なので、当然相手の言葉にも嘘がないと思ってしまうんですよね。そして騙される(汗)

この障害、かなり騙されやすい発達障害なんです。

でも、騙すには障害を持っている人の最初にある心の扉を開く事が難しいかもしれません。

人との接点を積極的に取ろうとしないからか、少々の事で扉は開きません。

セールスが来ても話しすら聞かずシャットアウト、電話の営業も即切る、販売で営業されると帰る・・・。

こんな感じなのでかなりピンポイントを突かない限りは難しいのですが、突かれるとかなりもろいんです。

一度扉が開いてしまうと「それおかしくない?」という言葉も信じる、「あり得ないよね、それ」という話しも信じる、全てが本当の事だと信じてしまううようになるのです。

定型発達の人は外壁があまりしっかりしていないけど、扉を開けてもガードする物がある

アスペルガーの人は外壁はがっちりしているけど扉を開けるとガードする物がない。そんな違いかもしれません。

何でもかんでも信じる訳ではありませんが、アスペルガー症候群は一度信頼してしまうととんでもない事までも真に受けてしまうので、嘘や冗談を言うなら最後にはネタばらしをお願いします(笑)
関連記事

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

発達障害無料講座

おすすめの無料講座
発達障害無料講座
7日で発達障害が勉強できます!

最新記事

スポンサードリンク

カテゴリ

アスペルガーランキング

プロフィール

のり

Author:のり
大人になってからアスペルガー症候群だと知りました。子供の頃からコミュニケーションが苦手だったのですが、それでも学校や仕事を自分なりに頑張ってきたつもりです。そんな自閉症スペクトラムを知って頂ければ幸いです。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。