FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

アスペルガー症候群は進学に悩んでいる人が少なくない

アスペルガー症候群は知的障害のない発達障害です。そのため、非常にIQが高い場合も少なくなくエジソンやアインシュタインなど、歴史上で有名な天才と言われた方々も同じ障害を持っていたと言われています。

しかし知能に問題がないにも関わらず進学で悩んでいる人が少なくありません。それは勉強が出来ないからではなく、学校での人間関係や他の問題が原因となっている場合が多いようです。

一つの事が引っかかってしまうと自分で納得出来なければ前には進まない傾向が強く、私もかなり時間的な無駄をしてきたのだと思っています。だからと言って納得出来ずに次に進む事は嫌なので、未だに同じ事を繰り返してしまうのです。

2月から3月にかけての学生さんは進学の問題が表れます。何もなければスムーズに学年を上がったり新たな学校に進学したり就職に進むのでしょう。

例えば留年。自分では留年をするつもりがなくても、二次障害となる精神的な病が原因で学校に行く日数が足りなかったりテストを受けられなければ避けようがありません。退学という選択肢があると知っていても、自分が思い描いていた未来とは異なるからか余計に動けなくなってしまう事もあるのです。

行かなければならない、でも行けない。行きたくないのではなく、体が言う事を聞いてくれないのです。無理やり行ったとしても目的が果たせず余計に自己否定をしてしまう・・・
010

こうなってしまうと自分との戦いが始まります。親や学校の先生が言う事が正論だと理解していても、自分自身が納得出来ない。正論が自分にとっての正論ではなくなってしまうのです。しかしそんな気持ちを理解してくれる人はなかなかおらず、結局自分の殻に閉じこもるしかなくなってしまうのです。

何が何でも自分の目標を達成したい。。。アスペルガー症候群はこだわりが強く譲れない事も障害の一つなのですが、出来ない事を出来ないと周囲に説得されても納得できず、自分で必死に答えを探しているのです。

私が大学に進学した時、やはり周囲となじめず1年間休学をしました。休学が終わり再度大学に戻っても周囲となじめず大学に行かなくなってしまったのです。大卒が当たり前の時代に大学を卒業できない事が嫌で、それでも学校に行けず半年程が過ぎました。

大学を卒業する事の利点や必要性を何度も親に話されたのですが、分かっているのですそんな事は。そして自分でも卒業したいと思っているのです。しかし残念な事に体が動かない。

私が大学入学から休学そして復学をした1年半の間、悩みに悩んで出した答えは退学でした。

退学がしたかった訳ではなく出来れば卒業したかった。しかしどうしても行く事が出来ないなら辞めて新たな道を探そうと決めたのです。

もし今、あなた自身が進学で悩んでいるなら沢山悩んでください。誰が言っても首を縦に振らないアスペルガーなので、自分が納得する答えを見つけようとしてれば必ず見つかるはずです。

そしてもし今、あなたのお子さんがアスペルガーで進学問題に悩んでいるなら、あなたの経験を踏まえたアドバイスはしないで下さい。それが余計に重荷になってしまうのです。そっと見守る、何かがあればいつでも手を差し伸べられるようにしておいてくれればいいんです。

物事の考え方はとても複雑で簡単に理解できるものではありませんが、温かな目で見守っていてくれるだけで自分で答えを見つける事が出来ます。焦らずゆっくりと・・・

アスペルガー情報はこちらのランキングサイトからもどうぞ

関連記事

スポンサードリンク
アスペルガーとセロトニン
当サイトおすすめ!

発達障害無料講座

おすすめの無料講座
発達障害無料講座
7日で発達障害が勉強できます!

最新記事

スポンサードリンク

カテゴリ

アスペルガーランキング

プロフィール

のり

Author:のり
大人になってからアスペルガー症候群だと知りました。子供の頃からコミュニケーションが苦手だったのですが、それでも学校や仕事を自分なりに頑張ってきたつもりです。そんな自閉症スペクトラムを知って頂ければ幸いです。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。